Sponsored Link
  


3/24・ペルー戦に浦和勢招集見送り?準備期間1日しかないACL過密日程考慮 オシム・ジャパンの07年初戦… 



Sponsored Link
  


3/24・ペルー戦に浦和(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)勢招集見送り?準備期間1日しかないACL過密日程考慮

オシム・ジャパンの07年初戦は“浦和抜き”となる可能性が出てきた。
リーグ強化担当者会議が28日、東京・文京区のJFAハウスで、日本(にっぽん)サッカー蹴球協会関係者を 交えて行われた。
日本(にっぽん)―ペルー戦(24日、日産スタジアム)の3日前に、浦和がアジア・ チャンピオンズリーグ(ACL)でシドニーFC(豪州)とのアウエー戦を行う過密日程を 考慮した日本(にっぽん)代表イビチャ・オシム監督(65)が、浦和勢の招集見送りを検討していることが 分かった。
注目の07年初陣、ペルー戦に向けて、日本(にっぽん)代表合宿は19日にスタート。
21日のナビスコ杯は 「代表優先」の方針が決まっているが、問題はACL。
浦和、川崎の強い希望で「ACL優先」と なるが、過密日程は避けられない。
川崎はホーム(バンコク大学戦)のため、体調面の負担は少ないが、シドニーFCとアウエー ゲームを戦う浦和勢は日本(にっぽん)代表との“両立”は厳しい。
「21日夜にシドニーで試合を行い、日本(にっぽん)に到着するのは22日夜。
ペルー戦までわずか1日の準備期間しかない。
過密日程を 説明しました」と浦和関係者は話した。
関係者によると、オシム監督は体調最優先の方針を示しているという。
一方で、中村俊輔 (セルティック)らヨーロッパ組は、国際Aマッチ週間により、16~18日を最後にリーグ戦が約2週間、中断されるため、余裕を持って日本(にっぽん)代表合宿に参加できる。
闘莉王ではなく中田浩二(バーゼル)が、阿部ではなく稲本潤一(ガラタサライ)が、主力を 担うことになりそうだ。
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20070301-OHT1T00043.htm

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加