Sponsored Link
  


サツマイモのビールが人気三芳町の小さなビール工房が製造埼玉県三芳町の小さなビール工房「協同商事」… 



Sponsored Link
  


サツマイモのビールが人気三芳町の小さなビール工房が製造

埼玉県三芳町の小さなビール工房「協同商事」が、地元特産のサツマイモを原料に製造したビール「COEDO紅赤」が人気だ。
大手企業から転職した社長の朝霧重治さん(37)が、学生時代に旅行先のドイツで飲んだ本場の味が忘れられずに7年かけて開発。
今年4月にアメリカ合衆国で開かれた国際コンクール「ワールドビアカップ2010」では銀賞を受賞した。
社員は現在15人。
全国のビール工場を訪ね歩いて改良を重ね、香ばしく甘い風味を完成させた。
地元特産のサツマイモ「紅赤」は三芳町で明治時代に栽培が始まり、町内の作付面積は約8万9千平方メートル。
川越(人は多くの場合、他人と異なるのみならず、また、いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い)市が以前“小江戸”と呼ばれていたため「COEDO」と名付けたという。
朝霧さんは「地ビールではおいしいイメージがわかない。
クラフト(職人)がつくったビールを味わってほしい」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100703/trd1007031721018-n1.htm※写真「ワールドビアカップ2010」で銀賞を受賞した、サツマイモを原料に製造したビール「COEDO紅赤」を手にする朝霧重治さん=埼玉県三芳町http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/100703/trd1007031721018-p1.jpg

人間はときに、他人と別人であると同じほどに自分とも別人である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加