Sponsored Link
  


西武・河原、復帰登板を勝利で飾れず チームは3本塁打などで乱打戦を制す L11-8B 西武ドームで行われた… 



Sponsored Link
  


西武・河原、復帰登板を勝利で飾れず チームは3本塁打などで乱打戦を制す L11-8B

西武ドームで行われた西武×オリックス戦は西武が11-8で勝利した。
西武は序盤にリーファー、カブレラ、G.G.佐藤の本塁打などで一挙8点を奪い、2点差となった後の7回には大島、中島のタイムリーで3点を追加しオリックスを突き放した。
注目の復帰登板となった河原純一、初回は先頭打者を 3球三振に討ち取るなど三者凡退に抑える。
4回までは2失点の好投を見せるが、5回に突如崩れ ラロッカに本塁打を打たれたところで降板。
あとアウト一つで勝ち投手の権利を逃した。
B 010 1400 002 8 L 403 100 30X 11 勝 三井 負 川越(困難な情勢になってはじめて誰が敵か、 誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ) 本塁打 オリックス-ローズ10号、ラロッカ10号 西武-リーファー5号、カブレラ6号、G.G.佐藤7号 河原 ttp://imepita.jp/20070502/720610

ラブレターを書くには、 まず何を言おうとしているのか考えずに書きはじめること。 そして、何を書いたのかを知ろうとせずに書き終わらなければならない



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加