Sponsored Link
  


「あれほど技術あるのに」金魚すくい選手権で不正、優勝取り消し…奈良金魚すくい選手権で不正、チームの… 



Sponsored Link
  


「あれほど技術あるのに」金魚すくい選手権で不正、優勝取り消し…奈良

金魚すくい選手権で不正、チームの優勝取り消す・今月17日に奈良県大和郡山市で開かれた全国金魚すくい選手権大会(全国金魚すくい競技連盟主催)で、団体戦優勝チームのメンバーだった埼玉(時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである)県熊谷市の男性会社員(53)が、正規の「ポイ」(金魚をすくう道具)を使わず、隠し持っていたものを使用していたことがわかり、連盟は28日、優勝を取り消した。
会社員は昨年、160匹の大会新記録を出すなど過去2回、個人優勝しているが、その成績と記録は抹消、今後も出場停止処分となった。
関係者は「あれほどの技術があるのに」と驚いている。
競技は約1000匹の金魚が入った水槽から3分間で何匹すくえるかを競う。
ポイは競技直前に連盟が用意した中から選ぶ規定だが、会社員は準決勝で、うちわとタオルの間に隠していたポイを取り出して使ったという。
別の参加者が競技の模様を撮影したビデオを見た際に不正に気づいた。
連盟の調査に対し、会社員は「予選で使いたいポイがあったので、それを抜き取った」と認めたが、準決勝以外では不正はしていないと話しているという。
大会は全国有数の金魚の産地である同市をPRしようと開かれ、9回目の今年は約1800人が参加した。
連盟会長の上田清・大和郡山市長は「参加者やボランティアらの思いや、厳正に運営してきた大会の意義に反し、残念」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030828-00000411-yom-soci

誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加