Sponsored Link
  


実物と模型、近接展示で…所沢航空記念館所蔵「九一戦闘機」(写真あり)所沢航空発祥記念館(所沢市)が… 



Sponsored Link
  


実物と模型、近接展示で…所沢航空記念館所蔵「九一戦闘機」(写真あり)

所沢航空発祥記念館(所沢市)が所蔵する旧日本(にっぽん)陸軍の「九一式戦闘機」の保存・活用法を議論してきた「航空遺産活用・保存等検討委員会」(幸尾治朗委員長)の最終結果がまとまり、二十三日までに上田清司知事へ報告した。
同検討委は現存機を「復元はせず保存を前提に扱う」として、胴体部分とエンジンなどの原寸パーツのレプリカを近接して展示する形を提案した。
報告では、九一式戦闘機を「実物は航空遺産の条件をすべて満たした極めて貴重な資料」と位置付けた。
その上で具体的な活用の手法について、「胴体以外の主翼や尾翼、エンジンなどの原寸レプリカを製作し、実物の胴体に近接させての展示が望ましい」と提起。
原寸レプリカの製作には、物理的な製作に当たる「実施チーム」と、それを指導・確認する「評議委員会」を設置するとした。
また活用の一環として、レプリカの製作過程の一般公開や製作体験ワークショップの開催などを挙げている。
一方で「現時点で有効な活用手段が講じられない場合は、環境が整う未来に判断を委ねるのも手法の一つ」としている。
九一式戦闘機は中島飛行機が、フランスの技術者を招いて一九二七年に開発、旧日本(にっぽん)陸軍に採用された。
同記念館は九四年に胴体部分を購入、格納庫で保管してきた。
現存の同型機はほかにないという。
同検討委は県と日本(にっぽん)科学技術振興財団が、航空や文化財の専門家ら六人を委員に設置。
昨年八月から四回の会合を重ね、今回の第五回で結果を報告した。
同記念館を所管する県公園課は「検討委の報告を尊重して、なるべく早く活用できるようにしたい」と話している。
(以下略、全文はソース元でご確認ください)ソース(埼玉(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)新聞)http://www.saitama-np.co.jp/news01/24/01x.htm写真(エンジンなどのレプリカを近接して展示することが提案された91式戦闘機の胴体部分)http://www.saitama-np.co.jp/news01/24/01x.jpg

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加