Sponsored Link
  


高校で『正規授業』土曜日も…埼玉の県立大宮・川越女子高で申請県立大宮・川越女子高『正規授業』土曜日… 



Sponsored Link
  


高校で『正規授業』土曜日も…埼玉(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)の県立大宮・川越女子高で申請

県立大宮・川越女子高『正規授業』土曜日も大宮高校と川越女子高の県立二校が、新年度から土曜日の正規授業実施を県に申請していることが分かった。
両校は、難関校への進学実績の向上、土曜授業を一般公開することで地域に開かれた学校づくりを進める狙いという。
学校教育法施行規則で、土・日曜日は公立学校の休業日と定められているが、二〇〇四年度から東京都が一部の都立高校で始めたのを皮切りに、静岡や鳥取、富山の一都三県ですでに土曜授業が実施されている。
県教育局によると、両校が県に申請した実施計画は、四月から隔週年間十五-二十日の土曜日に六十五分授業を三時限で行う内容。
施行規則では、体育祭など「特別な場合」には土曜授業が認められており、一般公開には規制をクリアする狙いもある。
両校では現在も、土曜日に希望者への進学講習を行っているが、計画では全員出席の正規授業になる。
ほかに、熊谷女子高と越谷北高でも土曜授業を検討しているが、教職員の間から土曜出勤に対する反発もあり、県への申請に至っていない。
一方、高校教育指導課は「法的条件をクリアできるか早急に検討したい。
“開かれた学校”を目指すために土曜の公開授業は有効。
進路希望の中学生も実際の授業を見学できるし、地元の人がだれでも授業を見に来ることで地域交流の拠点にもなる」と認可に前向きだ。
(埼玉版)http://www.tokyo-np.co.jp/00/stm/20060123/lcl_____stm_____000.shtml

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加