Sponsored Link
  


メッシ先発決定的!日本戦は現体制の去就が懸かっており バティスタ暫定監督「コーチングスタッフにと… 



Sponsored Link
  


メッシ先発決定的!日本(にっぽん)戦は現体制の去就が懸かっており バティスタ暫定監督「コーチングスタッフにとっても大事な試合」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20101008-00000017-dal-socc.html 「キリンチャレンジカップ、日本(にっぽん)-アルゼンチン」(8日、埼玉(人間は天使でもなければ、獣でもない。しかし不幸なことは、人間は天使のように行動しようと欲しながら、獣のように行動する)) アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシ(23)が、日本(にっぽん)代表との初対決となる親善試合(8日・埼玉)で先発することが7日、決定的となった。
セルヒオ・バティスタ暫定監督(47)が都内の宿舎で公式会見し、メッシは9月に右足首を負傷したが「早期に回復した」と万全の状態を強調。
すでに3日・マジョルカ戦で負傷後初の先発フル出場を果たしており、バティスタ監督も「メッシは先発?選手にも伝えていないので言うわけにはいかない。
ただ体の準備は万端だと言って良い」とゴーサイン。
前日練習では、ミニゲームなどで汗を流したメッシ本人も「日本(にっぽん)に来たのは、この試合で何かを見せるためだ」と話し、出場意欲は十分。
来年以降の契約は流動的な同監督だが、メッシとの絆は固い。
メッシは06年北京オリンピックで同監督の指揮の下、金メダルを獲得。
バティスタ監督は、メッシが一番力を発揮する右ウイングで固定して起用。
今遠征のメンバー発表日もメッシが復調するまで遅らせた。
メッシが主将就任を望んだ際には「プレッシャーがかかり過ぎる。
ノビノビとプレーすることだけを考えろ」と親心で説得するなど、強い信頼関係にある。
日本(にっぽん)戦は現体制の去就が懸かっており「コーチングスタッフにとっても大事な試合」と同監督。
自らのクビを“まな息子”メッシに預ける指揮官は「アルゼンチンは常に真剣勝負で必ず勝たなければいけない」とザックに初陣を飾らせるつもりはない。

人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加